導線計画

南館と2階デッキで接続。"まち"の中心にそびえる超高層オフィスタワー。

"まち"のほぼ中央に位置し、大阪駅に直結するオフィスタワー。

南館とつながるデッキがJR大阪駅や阪急梅田駅方面からのダイレクトなアクセスを可能にします。また、「グランフロント大阪」のほぼ中央に位置するオフィスタワーとして、「グランフロント大阪」の中核機能であるナレッジキャピタル他、ホテル、商業ゾーンとの連携を可能にします。

Bブロックサウス・オフィスエントランス 完成予想図

Bブロックサウス・オフィスエントランス 完成予想図

導線計画1

シャトルエレベーターのほかに、VIP用エレベーターも完備。

導線計画2

バンク単位からフロア未満のニーズまで、様々なご要望に対応できるオフィスゾーン。

タワーBのオフィスは、3つのエレベーターバンクを設定。バンク単位からフロア単位、フロア未満のニーズまで、幅広く対応できます。

オフィス専用スカイロビー(9階)完成予想図

9階のスカイロビーへは、直通のシャトルエレベーターでスムーズにアクセス。

地下1階と1階、2階にオフィス専用エントランスホールを設置。シャトルエレベーターで9階スカイロビーへスムーズにアクセスできる快適な動線を確保しています。

1階オフィスエントランスホール(シャトルエレベーターホール)完成予想図

 

地下3階の駐車場エントランスから
VIP用エレベーターで、各オフィスフロアへ直通。

お車での送迎に対応した車寄せを、北館・メインエントランス(1階)とタワーB駐車場(地下3階)エントランスに設置。地下3階からは、VIP用エレベーターを利用して、各オフィス階へ直接アクセスできます。

VIP用エレベーターホール (地下3階駐車場エントランス)完成予想図

導線計画3

屋上に広がる壮麗な庭園に憩う。格調高いオフィス専用スカイロビー。

2層吹抜けのロビーは、壮麗で格調高い迎賓の舞台。

9階にオフィス専用のスカイロビーを設置。2層吹抜けの大空間は、明るく開放的で、緑あふれる屋上庭園の眺めもオフィスワーカーの心を潤してくれます。上質感あふれる御影石を使うなどインテリアデザインにもこだわったロビーは、ステータスが香りたつ迎賓空間です。

オフィス専用スカイロビー(9階)完成予想図

Bブロック屋上庭園・9階シャトルエレベーターホール 完成予想図

オフィスワーカーの心を癒す緑の屋上庭園。

北館にも屋上庭園を設置。屋上からスカイロビーを囲むように広がる緑の庭園は、オフィスワーカーの憩いの場となります。屋上という開放的な空間で寛ぐひとときは、ほかでは味わえない贅沢な時間といえるでしょう。

フロアプラン

ワンフロア最大約2,700㎡の無柱空間。リフレッシュコーナーが快適なオフィス環境を実現。

最大奥行約19.8mの無柱空間が、多様なレイアウトプランを可能に。

タワーBのオフィスは、ワンフロアの事務室面積2,384.08㎡(721.18坪)〜2,735.28㎡(827.42坪)。天井高2.8m、サッシ高2.78mの開放感あふれる無柱空間が広がります。しかも、15.3m〜19.8mというワイドな奥行が、ニーズに応じた自由なレイアウトプランを実現。眺望を確保したリフレッシュコーナーを各階に設置し、充実したアメニティ空間を提供します。

グリッド天井システムの採用で、オフィスのフレキシビリティを確保。

600㎜×600㎜のグリッド式天井システムを採用。3,600㎜×3,600㎜のモジュールの中に、照明や空調吹き出し口などの設備ユニットをグリッド状に配置しているため、間仕切りする際の設備工事や位置変更工事の制約が少なく、レイアウトプランに応じてフレキシブルに対応できます。

フロアプラン1

フロアプラン2

配置効率を高めたプラン例。400人超のオフィスレイアウト。

このプラン例では、一般従業員用デスクを418台。役員室を6室、会議室・応接室を15室、プレゼンテーションルームを1室用意し、効率よく25の打合せコーナーを配置しています。

空間のゆとりを重視したプラン例。約190人がゆったり働けるレイアウト。

このプラン例では、一般従業員用デスクを168台。個人ブースを20室。役員室を3室。会議室・応接室を10室用意し、20の打合せコーナーを設置。プレゼンテーションルームを2室設けています。

ファシリティーズ

最新技術を導入し、オフィスワーカーが日々心地よく、安心して過ごせるオフィス環境を実現。

快適・環境対応 「CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)」において環境性能効率の最高位「Sランク」を取得しています。

自然換気システム(コーナーボイド採用)

中央部のセンターボイドに加えて、建物の四隅にコーナーボイドを設けることにより、自然換気の給排気性能を向上。風の弱い日でも自然換気が有効になる重力換気システムを採用。通常空調と自然換気を併用したハイブリッドモードも利用可能です。さらに、高性能Low-Eペアガラスを採用し、窓の断熱性と日射遮蔽性も向上させています。

自然換気システム・コーナーボイド・タワーB 基準階・事務室 完成予想図

ファシリティーズ1

空調ゾーニング

空調ゾーニングは、1フロア6ゾーンに分割。各ゾーンごとに運転・停止の切替えが可能で、冷暖房の温度設定も自由に制御できます。さらに、VAV(可変風量装置)により1フロアを26分割したきめ細かい風量制御が可能。ムダなく効率的な空調ができます。

安全性

耐震性能

万一の際にも高い安全性を確保できるように、先進の制震構造を採用しました。事務室空間の中央部で建物をしっかりと支えるコアフレームの内部に、制震ダンパーとして座屈拘束ブレースを設置することにより、高い耐震・耐風性能を確保しています。また、建物を支える基礎杭は地下約30m、40m以深の堅固な砂質土層を支持層とし、強固な場所打コンクリート杭を配することで高い支持力を実現しています。

座屈拘束プレース

タワーB 制震構造概念図

 

非常用発電機

テナント用に非常用発電機設置スペース(想定:最大1,000kVA×2台)と
オイルタンク(6,000L×2基)を確保しています。

 

非常用発電機

信頼性の高い3回線スポットネットワーク受電方式を採用。
万が一、一つの回線にトラブルが発生した場合でも他回線からの受電が可能です。

セキュリティ

想定テナント区画に1ヵ所ずつ、カードリーダーを標準装備。関係者以外のフロアへの侵入を防止するために、各階ごとにエレベーターホールと廊下の間にセキュリティドア(オプション)を設置することも可能。ビジネスニーズに合わせて、セキュリティレベルをお選びいただくことができます。

Tower B 制震構造概念図

敷地面積 22,680.05m2(北館全体)
延床面積 295,511.60m2(北館全体)
階数 地上38階・地下3階・塔屋2階
主要用途 事務所・ショップ&レストラン・ナレッジキャピタル・駐車場・駐輪場
最高高さ 175.21m

pagetop