導線計画

“まち”の玄関口にそびえ立つ、駅直結の超高層オフィスタワー。

大阪の玄関口に相応しい風格を備えた、洗練されたエントランス。

うめきた広場側の総合エントランスのほかに、東側にオフィス専用のエントランスホールを設置。モダンなファサードデザインを施したエントランスには、賓客を優雅に出迎えられるキャノピー付の車寄せを設けました。

タワーA・オフィスエントランス 完成予想図

タワーA 完成予想図

導線計画1

賑わいある商業施設と動線を分離。快適なオフィス動線を確保。

導線計画2

バンク単位からフロア未満のニーズまで、様々なご要望に対応できるオフィスゾーン。

タワーAのオフィスは、4つのエレベーターバンクを設定。バンク単位からフロア単位、フロア未満のニーズまで、幅広く対応できます。

9階シャトルエレベーターホール 完成予想図

9階のスカイロビーへは、直通のシャトルエレベーターでスムーズにアクセス。

タワーAは、1階と2階にオフィス専用エントランスホールを設置。シャトルエレベーターで9階スカイロビーへスムーズにアクセスできる快適な動線を確保しています。

1階オフィスエントランスホール(シャトルエレベーターホール)完成予想図

地下3階の駐車場エントランスからも専用エレベーターで9階へ直通。

大切なビジネスパートナーをお迎えする車寄せを1階のオフィスエントランスと駐車場(地下3階)エントランスに設置。
地下3階からは駐車場用エレベーターで9階スカイロビーへアクセスできます。

地下3階駐車場エントランス 完成予想図

導線計画3

オフィス専用スカイロビーは、屋上庭園に潤う閑雅な迎賓空間。

逆転の発想から生まれた理想の形。天空に浮かぶ壮麗なロビーフロア。

ロビーを空に近づけると、屋上庭園と一体になり、美しく豊かなホスピタリティ空間に生まれ変わります。インテリアには、日本ならではの情趣と品格を感じさせるデザインを採用。大切なお客様にも一目で企業ステータスを印象づけられる、ラグジュアリーなロビーフロアです。

オフィス専用スカイロビー(9階)完成予想図

タワーA屋上庭園 完成予想図

季節を美しく彩る屋上庭園と優雅なリフレッシュサロン。

スカイロビーの南側と西側に、緑あふれる屋上庭園を配置。ちょっとした公園を思わせるほどの広々とした庭園は、オフィスワーカーの憩いの場となります。また、西側の庭園に面した一画には、疲れた心身を癒すテナント専用のラウンジをご用意します。

フロアプラン

ワンフロア最大約2,800㎡の無柱空間。ニーズに合わせて、快適で効率的なレイアウトを実現。

天井が高く奥行のある無柱空間が、フレキシブルなレイアウトを実現。

タワーAのオフィスは、ワンフロアの事務室面積2,331.74㎡(705.35坪)〜2,810.52㎡(850.18坪)。天井高2.8mの開放感あふれる無柱空間が広がります。しかも、15.65m〜15.85m(一部8.8m)というワイドな奥行が、ワークスタイルに応じた自由なレイアウトプランを実現。ビジネス効率を高める、快適なオフィスづくりをサポートします。

グリッド天井システムの採用で、オフィスのフレキシビリティを確保。

600㎜×600㎜のグリッド式天井システムを採用。
3,600㎜×3,600㎜のモジュールの中に、照明や空調吹き出し口などの設備ユニットをグリッド状に配置しているため、間仕切りする際の設備工事や位置変更工事の制約が少なく、レイアウトプランに応じてフレキシブルに対応できます。

フロアプラン1

フロアプラン2

300人以上が執務できる、配置効率を重視したレイアウトプラン。

このプラン例では、一般従業員用のデスクを308台。役員室を8室。会議室・応接室を6室用意し、窓際を中心に24ヵ所の打合せコーナーを設置。配置効率を高めたレイアウトになっています。

約150人が余裕ある空間で執務する、ゆとり重視のレイアウトプラン。

このプラン例では、一般従業員用のデスクを124台。個室を24室。役員室を4室。会議室・応接室を7室用意し、25ヵ所の打合せコーナーを設置。部屋の用途毎にゆとりを持たせたレイアウトプランです。

ファシリティーズ

最新技術を導入し、オフィスワーカーが日々心地よく、安心して過ごせるオフィス環境を実現。

快適・環境対応 「CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)」において環境性能効率の最高位「Sランク」を取得しています。

自然換気システム(エアインテーク採用)

建物コーナー部にエアインテーク(大型外気取入口)を設置することにより、大規模な自然換気システムを実現。通常空調と自然換気を併用したハイブリッドモードも利用可能なシステムとしています。さらに、太陽光追尾自動制御のブラインドや簡易エアフローウインドウを組み合わせることにより、積極的な熱負荷低減を図っています。

自然換気システム・エアーインテーク 完成予想図

空調ゾーニング

空調ゾーニングは、1フロア6ゾーンに分割。各ゾーンごとに運転・停止の切替えが可能で、冷暖房の温度設定も自由に制御できます。さらに、VAV(可変風量装置)により1フロアを18分割したきめ細かい風量制御が可能。ムダなく効率的な空調ができます。

安全性

耐震性能

万一の際にも高い安全性を確保できるように、先進の制震構造を採用しました。事務室空間の中央部で建物をしっかりと支えるコアフレームの内部に耐震ブレースを設置。さらに、制震ダンパーとして座屈拘束ブレースとオイルダンパーを組み合わせることにより、高い耐震・耐風性能を確保しています。また、建物を支える基礎杭は地下約30m、40m以深の堅固な砂質土層を支持層とし、強固な場所打コンクリート杭を配することで高い支持力を実現しています。

座屈拘束プレースとオイルダンパー

タワーA 制震構造概念図

 

非常用発電機

テナント用に非常用発電機設置スペース(想定:最大1,500kVA×3台)と
オイルタンク(10,000Lx3基)を確保しています。

 

非常用発電機

信頼性の高い3回線スポットネットワーク受電方式を採用。
万が一、一つの回線にトラブルが発生した場合でも他回線からの受電が可能です。

セキュリティ

想定テナント区画に1ヵ所ずつ、カードリーダーを標準装備。関係者以外のフロアへの侵入を防止するために、各階ごとにエレベーターホールと廊下の間にセキュリティドア(オプション)を設置することも可能。ビジネスニーズに合わせて、セキュリティレベルをお選びいただくことができます。

Tower A 制震構造概念図

敷地面積

10,571.09m2

延床面積

188,076.78m2
階数 地上38階・地下3階・塔屋1階
主要用途 事務所・ショップ&レストラン・駐車場・駐輪場
最高高さ 179.36m

pagetop