おトク・キャンペーン

2017.11.07 更新
~もしも長期間、働けない状態になったら~


開催場所 : 保険テラス  /  北館  5F

どうやって備える?

ご予約はコチラ:http://hoken-eshop.com/shop/grandfront_osaka/
※週末は混雑が予想されますので、ご予約のうえご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。
当日のご予約も承ります!お気軽にお問い合わせください。

—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
もしも家計を支える一家の大黒柱が働けなくなってしまったら・・・短期間であれば、貯蓄で何とかやりくりできるかもしれませんが、長期間その状態が続くと生活が厳しくなってしまいますよね。
もしも一家の大黒柱が「長期間働けない状態」になったら・・・

最近は入院期間なども短期化しているといわれていますが、病気やケガの種類によっては平均入院日数が2ヶ月を超える病気もあります。例えば会社員の方であれば、その間勤務することができない状態になりますよね。このように、今までやっていた仕事ができなくなる状態を「労務不能」といいます。そして、病気やケガで入院、または在宅療養により、今までの仕事以外の仕事も含めて、長期間 “全く”働けなくなる状態を、「就業不能」といいます。
いずれの場合も、仕事に復帰できるようになるまでは収入が途絶えてしまうため、一家の大黒柱が「労務不能」「就業不能」に陥ってしまったら、生活が苦しくなってしまいます。
最近では、生命保険でも就業不能に対して保障される保険が出てきており、皆さんさまざまな手段で準備をしているようです。ただし、保険商品によって保険金給付条件はかなり異なってくるため、保険で備えることを検討されている方は、どんな状態になった場合に保険金が給付されるのか、しっかり把握してから加入するようにしましょう。

世帯主の方がもしも病気やケガで長期間働けなくなってしまったら・・・いつ復帰できるのか目処が立つまで時間がかかる場合もありますし、収入が大幅にダウンしてしまう可能性も高いため、元気な今のうちから、しっかり考慮して準備しておきましょう。

*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——