7大学の人気講師陣が特別講義!<SpringX 超学校>大学都市KOBE!発信プロジェクト

◆◇◆SpringX超学校についに大学都市KOBE!発信プロジェクトに人気講師陣が登場!!◆◇◆

◆◇◆SpringX超学校についに大学都市KOBE!発信プロジェクトに人気講師陣が登場!!◆◇◆

神戸市は市内に22大学、約7万人もの学生を抱える全国有数の“大学都市”だということをご存知でしょうか?
大学の持つ魅力をより多くの方に感じてもらおうと、神戸市と7つの大学が連携し、「大学都市KOBE!発信プロジェクト」としてナレッジキャピタルThe Lab.にも出展し活動しています。本シリーズでは、個性豊かな7大学の人気講師による特別講義を、4日に分けてお届けします。中・高生から学生、大人まで、年齢を問わず楽しんでいただけます。是非大学講義を体験してみてください。

開催形式:YouTube Liveで配信 ※視聴URLはお申し込みされた方へご案内いたします。
参加費:無料


■DAY1 <2/27(土)13:00~15:00>■

●13:00〜「“ひと花咲かせる”ための努力~春に花咲くサクラの一年間~」甲南大学

苦労が報いられ、何かが成し遂げられると、“ひと花咲かせる”といわれます。ひと昔前、入学試験の合格電報は、努力が実った意味が込められ、“サクラサク”でした。
花咲くことは、容易ではないのです。では、 春に花咲く桜は、どんな苦労や努力をしているのでしょうか。それを知れば、人生や受験で花咲くことを目指す私たちは、勇気づけられ、励まされるはずです。

≪講師≫
田中 修(甲南大学 特別客員教授/名誉教授)
京都大学農学部卒業。京都大学大学院博士課程修了。スミソニアン研究所(アメリカ)博士研究員、甲南大学理工学部教授などを経て、2016年より特別客員教授/名誉教授。農学博士。
専門は植物生理学。著書に『日本の花を愛おしむ』(中央公論社、2020年)、『植物のすさまじい生存競争』(SBビジュアル新書、2020年)他。

●14:00~「自分を成長させる大学での学びとは」神戸学院大学

都市への人口流出などにより、高齢化や人口減少が今後さらに進んでいくと考えられる地方において、地域活性や地方創生はとても重要なテーマです。
フィールドワークによる実践的な学びを重視し、現地に密着した調査やインタビューを行ったり、地域が抱える課題にゼミ生全員が意欲的に向き合っています。主体性や行動力を高め、社会を生き抜く力を育てる大学での学びをご紹介します!

≪講師≫
中野 雅至(神戸学院大学現代社会学部現代社会学科 教授)
同志社大学卒業後、大和郡山市役所を経て、1990年旧労働省入省。旧厚生省課長補佐、新潟県総合政策部情報政策課長、厚生労働省大臣官房国際課課長補佐等を経て14年から本学教授。
政治学や公務員制度などの行政学、社会政策を専門に教鞭をとる傍ら執筆、講演、数多くのテレビに出演するなど幅広く活躍している。

2/27(土)のお申し込みはこちら


■DAY2 <2/28(日)13:00~15:00>■

●13:00〜「English “communication” - it’s not just about words!」甲南女子大学

私たち人間は、コミュニケーションに「ことば」を使います。でもそれはひとつの手段にすぎません。コミュニケーションをとる上では、話し方、トーン、顔の表情、ジェスチャーやボディーランゲージが重要で、英語のみならず全ての言語に当てはまります。
この講義では、いろいろな方法でコミュニケーションをとりながら英語で理解する練習をしてみましょう。講義を受けた後は、どこかで試してみてくださいね!
※講義は日本語と英語で行います。

≪講師≫
スティーブン・ブラウン(甲南女子大学国際学部国際英語学科 教授)
英国出身。日本の大学で教鞭を執って35年以上。学習者が、英語で自身の思いを表現し、自分らしくいられることを支援する。研究分野:外国語(特に英語)学習の動機付け、コミュニケーションを面白く、より効果的にするための新しい方法の模索

●14:00〜「あなたの知らない薬のフシギ」兵庫医療大学

薬は飲むだけではなく色々な使い方があります。たとえば、日本では、冷えからからだを守るとして肌着の染料に漢方薬に使われるベニバナが使用されてきました。そのベニバナ染めについて、色素の構造式を確認しながら実験を行います! 何色に変化するか、一緒に体験しましょう。また、薬の中には色々な仕掛けがあったり、混ぜると危険なものもあります。薬のフシギを学んで、薬剤師気分を味わいましょう。

≪講師≫
岩岡 恵実子(兵庫医療大学薬学部天然薬物学 講師/薬剤師)
天然物から新しい活性のあるもの、活性のある新しい物質など、“何かあたらしいこと”を発見する研究をしている。体に良い漢方茶の研究・開発なども行っている。

桂木 聡子(兵庫医療大学薬学部臨床薬剤学 教授/薬剤師/一般社団法人神戸市薬剤師会 副会長)
現在も薬剤師としてコミュニティーファーマシーに関する研究を行う。また、災害医療、地域貢献活動や学校薬剤師としてコロナウィルス感染防止対策のアドバイス、スポーツファーマシストとしてドーピング防止の活動なども行っている。

2/28(日)のお申し込みはこちら


■DAY3 <3/26(金)13:00~14:00>■

●13:00〜「お口のはたらきを守るスペシャリスト:歯科衛生士の魅力を知ろう」神戸常盤大学

お口は、食べるだけの器官ではなく、声を出したり、コミュニケーションをとるツールとしても使用されており、口の健康が悪くなると、体の健康も影響を受けることがわかってきました。お口はまさに体全体の健康を支える入り口であり、健康は健口から始まります。歯科衛生士は、そのお口の働きを守るスペシャリストとして活躍しています。今回は歯科衛生士の気分になって、健康を支えるお口のはたらきについて一緒に考えてみましょう。

≪講師≫
八木 孝和(神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科 教授/歯科医師)
2000年大阪大学大学院歯学研究科卒業、歯科医師。口腔保健学科は、歯科衛生士を養成する学科である。歯の矯正治療を専門としているが、大学ではお口の解剖からはたらきやお薬などに関することも教えている。

3/26(金)のお申し込みはこちら


■DAY4 <3/27(土)13:00~15:00>■

●13:00〜「地域連携活動から考える神戸とファッション」神戸松蔭女子学院大学

大学における地域連携活動をキーワードに、2つの取り組みから神戸とファッション について考えていきます。ひとつは、神戸市立博物館の所蔵品を基にした明治・ 大正時代の洋装再現です。所蔵品をファッションから読み解く試みと、当時の服 飾について説明します。もうひとつは、神戸タータンで地域を盛り上げる大学生 たちの活動を映像とともにご紹介します。こうした地域連携活動から、神戸とと もに学び、発信するファッションについて考えていきます。

≪講師≫
井上 裕之(神戸松蔭女子学院大学人間科学部ファッション・ハウジングデザイン学科 専任講師)
2009年、杉野服飾大学卒業。2011年、神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科総合デザイン専攻修了。担当授業では、主に衣服デザインの発想から制作までの指導を行う。

●14:00〜「テクノロジーとアート表現の最新事例紹介~SIGGRAPH、Laval Virtualから~」神戸芸術工科大学
テクノロジーを利用したアート表現には多様なものが生まれています。メディアアートを始めとする最新アート表現について、講師自身がアーティストとして参加した世界最大のCGとインタラクティブ技術に関する国際会議SIGGRAPH Art Galleryや、VR技術に関する国際会議Laval Virtual Art & VR Galleryでの様々な展示作品を例に解説します。

≪講師≫
中安 翌(神戸芸術工科大学映像表現学科デジタルクリエーションコース 教授)
演劇等の舞台芸術における映像演出からロボット技術を利用したアート作品制作まで、アーティスト、研究者として分野を横断した活動を行なっている。
Robotic Sculpture作品Tentacle FloraはSIGGRAPH 2019 Art Gallery、Aesthetica Art Prize Longlist 2020選出。博士(芸術工学/九州大学)

3/27(土)のお申し込みはこちら



開催日
開催時間
13:00~15:00
備考
13:00~甲南大学/14:00~神戸学院大学
開催日
開催時間
13:00~15:00
備考
13:00~甲南女子大学/14:00~兵庫医療大学
開催日
開催時間
13:00~14:00
備考
13:00~神戸常盤大学
開催日
開催時間
13:00~15:00
備考
13:00~神戸松蔭女子学院大学/14:00~神戸芸術工科大学
開催場所
オンラインにて開催
主催者
大学都市KOBE!発信プロジェクト/一般社団法人ナレッジキャピタル
URL
https://kc-i.jp/activity/chogakko/kobe/

ショップ情報

北館 3F
The Lab.(ACTIVE Lab.)
店舗詳細はこちら
TOP