GRAND FRONT OSAKA

日本語English

グランフロント大阪へのお問い合わせ

未来が生まれ、大阪が変わり、時代が動きだす。グランフロント大阪

江戸時代の適塾や懐徳堂を例に挙げるまでもなく、世界に目を向け、優れたものを取り入れ発信してきた大阪。そんな大阪のDNAを引き継いで、新しい大阪の力を創り上げていく。そして、その力を関西、さらには日本全体へと強く広げていく。<br /> 	新しいコンセプトをもつ“まち”が、2013年春、誕生します。

どこにもない、ここにしかつくれない“まち”へ。

広大な規模(24ha、甲子園球場の約6.2倍)を誇る「うめきた」は、 大阪市の成長戦略拠点特区構想の中核プロジェクトと位置付けられており、
関西都市圏の国際競争力向上の鍵を握っています。その「うめきた」の先行開発区域は公民連携によって推進され、
国際的な情報と人材の集積・交流拠点を形成し、多様なイノべーションを生み出す"まち"に変貌しました。

1日の平均乗降客数、約230万人。ビジネスが躍動するターミナル立地。

平均乗降客数約81万人/日※のJR大阪駅に加え、隣接する阪急・阪神・地下鉄などの6駅を含めると、
「大阪・梅田」は1日の平均乗降客数約230万人※を誇る西日本最大のターミナル。
そんな日本有数のターミナル立地に新たなビジネスを生み出すに相応しい知的創造拠点が誕生しました。

※2011年度JR西日本発表および2012年度大阪府統計年鑑より


うめきた先行開発区域「グランフロント大阪」事業主

pagetop