おトク・キャンペーン

2017.10.03 更新
 ~女性特有の病気~


開催場所 : 保険テラス  /  北館  5F

20代でも要注意!~女性特有の病気~

URL:http://hoken-eshop.com/


—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
テレビやニュースでよく聞く「乳がん」や「子宮がん」などの女性特有の病気。
女性特有の病気は、20代や30代の若い世代でもかかりやすいのが特徴です。
今回は女性特有の病気についてご紹介します。「まだ若いから」と安心してはいけません。
自分の身体を守るために、どのような病気があるのかを知っておきましょう。

【女性特有の病気とは?】

女性特有の病気といえば、「乳がん」や「子宮がん」のイメージがありますが、実は「乳がん」や「子宮がん」以外にも女性がかかりやすい、気を付けておきたい病気があります。
女性特有の病気にかかっている方は全国で約129.6万人※もいます。その中でも乳がんの患者数は約20.6万人と最も多くなっています。
※出典:厚生労働省「平成26年 患者調査」

【何歳になると女性特有の病気にかかりやすい?】

女性特有の病気は若い世代でもかかりやすいのが特徴です。
乳がんは30代から増加をはじめ、50代から60代で急激に患者数が増加します。子宮がんは30代から患者数が増え、50代から60代の閉経前後が最も多くなっています。卵巣のう腫は20代にかかる方が最も多く、子宮筋腫は20代から40代にかけて患者数が急激に増加しています。


病気に限らず、女性は妊娠や出産に伴い入院することが多いため、男性よりも入院患者数が多くなっています。
もしも、乳がんや子宮がんなどの病気にかかり、手術が必要になった場合、肉体的にも精神的にも大きな負担がかかります。

女性特有の病気に備えられる医療保険をお探しの方は、お気軽に保険テラスへお立ち寄り下さいませ。

※週末は混雑が予想されますので、ご予約の上ご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。


——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——