イベント

2017.01.08 更新
中井終子日記を通して探る「懐徳堂研究と女学生文化」


開催場所 : 北館2F アクティブスタジオ
開催期間 : 2017年01月22日 2017年01月22日    13:30 ~ 16:00   
URL : http://www.baika.ac.jp/lab/

大阪大学×梅花女子大学×凸版印刷

************************************************

大阪大学×梅花女子大学×凸版印刷
中井終子日記を通して探る「懐徳堂研究と女学生文化」

************************************************

大阪において、江戸期より漢学の学問所として多くの門下生を輩出した懐徳堂。
歴代に渡り、その学主を務めた中井家の子孫中井終子は、
懐徳堂の再建に貢献した兄・木菟麻呂と共に、梅花女学校の教員として女子教育に尽くしました。
その終子が保管していた懐徳堂に関わる明治・大正期の貴重な写真や日記は、

現在梅花女子大学に所蔵されています。
今回、凸版印刷株式会社の協力により、その器量な資料のアーカイブ化が実現。
見えてきた懐徳堂の新たな一面と、終子に至る梅花の女子教育の歴史をひも解きます。



料金:無料
予約:不要

イベント詳細:梅花女子大学HP http://www.baika.ac.jp/lab/

問い合わせ先:梅花女子大学 企画部広報グループ 072―643―6343